TOP患者・ご家族の皆さまへ>第研究情報の公開について(オプトアウト)
患者・ご家族の皆さまへ
外来のご案内
診療内容紹介
上部消化管チーム
(食道、胃の病気)
下部消化管チーム
(小腸、大腸、肛門の病気)
肝胆膵チーム
(肝臓、脾臓、胆道、膵臓の病気)
乳腺内分泌チーム
(乳腺、甲状腺の病気)
患者・ご家族の皆さまへ
医療従事者の皆さまへ
学生・研修医の皆さまへ

シンボルマーク

研究情報の公開について(オプトアウト)

 通常、臨床研究は実施にあたり文書あるいは口頭にて説明が成された後、患者さまの同意を得て行われます。臨床研究のうち、患者さまへの侵襲や介入がなく、診療情報等の情報のみが用いられる研究については、国が定めた倫理指針に基づいて研究の目的・情報を公開し、拒否の機会を保障することが必要とされています。


 このような手法を「オプトアウト」と言います。オプトアウトを用いた臨床研究は下記の通りです。なお、研究への協力を希望されない場合は、下記文書内に記載されている各研究の担当者までお知らせください。


承認番号研究題目 pdf
25-20ハイリスク消化管間質腫瘍(GIST)に対する完全切除後の治療に関する研究
282-10造影超音波を用いた乳腺病変の造影パターンについての検討
282-199乳房造影超音波における乳がんの広がり診断に関する研究
Multicenter study to evaluate the extent of breast cancer through the use of contrast-enhanced ultrasound (CE-US). Evergreen Study
282-211膵頭部癌に対する門脈合併膵頭十二指腸切除施行後の左側門亢症に関する研究 -多施設共同研究-
292-4胆道再建を伴う肝葉切除以上を要する症例における肝予備能評価法の妥当性に関する観察研究
292-17当初非切除とされた胆道癌患者に対する、Adjuvant surgeryの有用性に関する研究
292-23当院における局所進行・切除不能膵癌をコホートとした後方視的観察研究
292-39胆道再建を伴わない肝切除術後胆道漏症例に対する治療成績の検討
292-48膵胆道・消化管神経内分泌腫瘍の病態解明を目指した後向き観察研究
292-65CT Perfusionを用いた血流動態解析による膵頭十二指腸切除後患者の経口摂取能評価に関する後向き研究
292-68膵管内乳頭粘液性腫瘍と膵癌の分子病態解明と診療に有用な分子マーカー同定を目指した後向き観察研究
292-163胆嚢がんの診断と治療方針・予後に関する前向き観察研究
292-173術前血液検査値を用いた肝門部領域胆管癌手術症例に対する予後予測スコアの妥当性の検討に関する研究(HOCS-03試験)
292-208膵体尾部癌に対する術前EUS-FNAの術後経過への影響に関する研究
292-220人工知能を用いた乳がんセンチネルリンパ節転移診断の後ろ向き研究
302-29胆道癌・肝内胆管癌の病態解明を目指した後ろ向き観察研究
302-49胃上部癌、食道胃接合部癌に対する術後QOL向上に寄与する胃切除術式、再建法に関する研究
302-122当科におけるセンチネルリンパ節生検RI併用時のSPECT-CTのリンパ節局在に関する後ろ向き観察研究
328-18膵体尾部がんの切除後予後不良因子に関する探索的研究