TOP医療従事者の皆さまへ>診療チーム(上部消化管チーム)
目次
患者・ご家族の皆さまへ
医療従事者の皆さまへ
学生・研修医の皆さまへ

シンボルマーク

診療チーム

上部消化管チーム
【担当医】
信岡 伊東    
信岡 プロフィール 伊東 プロフィール    

上部消化管診療実績
1) 主な対象疾患・診療内容

 当チームでは主に食道および胃に関する外科治療を担当しています。対象となる疾患は食道疾患では食道がん、食道腫瘍、食道裂孔ヘルニア、食道憩室などで、胃・十二指腸疾患では胃がん、十二指腸がん、胃・十二指腸潰瘍、胃粘膜下腫瘍(GIST)などです。
 食道がんの治療法は内視鏡的治療、外科治療、放射線治療、化学療法などがあり、これらを組み合わせた集学的治療が重要とされています。当院では内科、放射線科と協力し、がんの進行度(病期、ステージ)や患者さんの全身状態を総合的に評価して、それぞれの患者さんに最適と思われる治療法を提示しています。
 食道がんに対する手術治療はからだへの侵襲の大きな手術ですが、手術の侵襲を軽減するために、胸腔鏡や腹腔鏡を用いた低侵襲手術を積極的に行っています。
 胃がんに対する手術では腹腔鏡下胃切除術(幽門側胃切除術、胃全摘術、幽門保存胃切除術、噴門側胃切除術)を積極的に導入しており、患者さんの負担軽減に努めています。さらに早期胃癌に対しては幽門保存胃切除術や噴門側胃切除術といった胃切除範囲を縮小した機能温存手術にも取り組んでいます。
 またスキルス胃癌などの難治性胃癌や切除不能胃癌・再発癌に対しても、内科と協力して複数の抗癌剤を組み合わせた化学療法(多剤併用療法)を施行し腫瘍が縮小した後に、手術で切除する集学的治療法も積極的に行っています。


2) 診療実績

 食道がんの根治手術は従来、開胸・開腹を伴う手術が標準術式として行われおり、その侵襲は非常に高度でありました。当科では低侵襲性に配慮し切除可能例のほぼ全例に、胸部に関しては胸腔鏡を用いて胸部食道切除を行い、腹部は腹腔鏡下に再建胃管を作成しています。従来の開胸・開腹による手術と比較しても、その安全性・根治性は保持されつつ、創痛の軽減により早期からの離床が可能となり、術後合併症の減少にも寄与しています。さらに近年では腹臥位での胸腔鏡手術を導入し、視野展開の改善による呼吸器合併症の減少などが得られています。(図1) 図1:食道がん術創(胸部・腹部)
 また根治的化学放射線療法後のがん遺残・再発症例に対する救済手術(サルベージ手術)にも対応しています。
 胃がん手術でも腹腔鏡手術が全国的に普及しており、2015年は80%以上の患者さんに腹腔鏡下手術を施行致しました。幽門側胃切除のみならず胃全摘術が必要な患者さんに対しても腹腔鏡下手術による低侵襲な手術を提供しております。ロボット支援下の胃がん手術も導入しており、今後症例を集積していく予定です。
 また通常、胃全摘術が選択されるような上部早期胃癌に対しては、教室では従来から臓器温存に配慮し噴門側胃切除を選択し術後の障害の軽減に努めています。本術式においても腹腔鏡下手術を導入し良好な結果を得ております。


3) 疾患毎の予後

図2:当科における胃がん切除例の生存率(初診時の進行度別)
図3:ステージIV症例(DCS療法後)の手術・非切除別生存率

 食道癌ではStage Ⅱ・Ⅲ症例の症例に対して術前化学療法を積極的に行い、治療成績向上に努めています。術前化学療法は腫瘍・血液内科と合同で薬剤を3剤併用したDocetaxel/CDGP/ 5-FU(DNF)併用療法を術前に施行する臨床試験を施行中です。
 胃がん切除例の5年生存率はステージIで98%、IIで70%, IIIで73%と良好な成績でした。(図2)

 当初、切除不能と診断された患者さんでも内科と協力してDocetaxelとCDDPとS-1の3種の抗がん剤を併用した化学療法(DCS療法)により、80%という高い奏効率を得て全国的にも注目されています。その治療効果により約35%の症例で治癒切除が可能となり長期生存を得られている症例も増えてきています。さらに本療法を高度進行胃癌症例の手術前に導入することで、術後再発率の低下や生存率の改善効果が得られています。


4) その他の診療内容

図4:腹腔鏡・内視鏡合同手術  食道粘膜下腫瘍、食道裂孔ヘルニアや食道憩室などのどの機能改善手術に対しても胸腔鏡による低侵襲手術を基本術式として行っています。
 胃や十二指腸における消化管間質腫瘍(GIST)や低悪性度腫瘍ではリンパ節に転移することが少ないことから、胃や十二指腸を大きく切除せずに腫瘍のみを切除する術式が可能です。そこで内視鏡医と連携し切除範囲を最小限に留める腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS)や、臍部にあけた1か所の傷から手術を行う単孔式手術などの新たな低侵襲手術手技も導入しています。(図4)
 また経口摂取不良による栄養障害のある患者さまに対しての胃瘻造設術(PEG)や経皮経食道胃管挿入術(PTEG)なども行っております。