TOP医療従事者の皆さまへ研究・業績(論文一覧)>2012年
医療従事者の皆さまへ
患者・ご家族の皆さまへ
医療従事者の皆さまへ
学生・研修医の皆さまへ

シンボルマーク

研究・業績(論文一覧) 2012年

英語論文邦文総説・著書邦文原著邦文その他
【英語論文】
  1. Akira Gochi, Shigetoyo Saji, Junichi Sakamoto, Koichi Hirata, Suketami Tominaga, Yoshiyuki Yamaguchi, Masahiko Shibata, Yoshiki Kai, Hiromi Tanemura and Tetsuhiko Shirasaka, A Phase III study of combination therapy of the oral fluorinated pyrimidine compound tegafur-uracil (UFT) with low dose cisplatin compared with UFT alone in patients with locally advanced gastric cancer as postoperative adjuvant chemotherapy, Annals of Cancer Research and Therapy, 20, 1, 17-23, 2012
  2. Takeshi Niinuma, Suzuki H, Nojima M, Nosho K, Yamamoto H, Takamaru H, Yamamoto E, Maruyama R, Nobuoka T, Miyazaki Y, Nishida T, Bamba T, Kanda T, Ajioka Y, Taguchi T, Okahara S, Takahashi H, Nishida Y, Hosokawa M, Hasegawa T, Tokino T, Hirata K, Imai K, Toyota M, Shinomura Y., Upregulation of miR-196a and HOTAIR drive malignant character in gastrointestinal stromal tumors., Cancer Res, 72, 5, 1126-36, 2012
  3. Toshihito Shibata, Toru Mizuguchi,Yukio Nakamura,Masaki Kawamoto,Makoto Meguro Shigenori Ota, Koichi Hirata,Hidekazu Ooe,Toshihiro Mitaka, Low-dose steroid pretreatment ameliorates the transient impairment of liver regeneration, WJT World Journal of Gastroenterology, volume18 lssue9, P905~914, 2012年3月7日
  4. Toru Mizuguchi, Masaki Kawamoto,Makoto Meguro,Seiichi Son,Yukio Nakamura,Kohei Harada,Toshihito Shibata,Shigenori Ota and Koichi Hirata, Serum Antithrombin Ⅲ Level is Well Correlated with Multiple Indicators for Assessment of Liver Function and Diagnostic Accuracy for Predicting Postoperative Liver Failure in Hepatocellular Carcinoma Pratients, Hepato-Gastroenterology, 59, 551-557, 2012
  5. Takeshi Niinuma, Hiromu Suzuki,Masanori Nojima,Katsuhiko Nosho,Hiroyuki Yamamoto,Hiroyuki Takamaru,Eiichiro Yamamoto,Reo Maruyama,Takayuki Nobuoka,Yasuaki Miyazaki,Toshirou Nishida,Takeo Bamba,Tatsuo Kanda,Yoichi Ajioka,Takahiro Taguchi,Satoshi Okahara,Koichi Hirata,Kohzoh Imai,Minoru Toyota,and Yasuhisa Shinomura, Upregulation of miR-196a and HOTAIR Drive Malignant Character in Gastrointestinal Stromal Tumors, Cancer Research, 72(5) March 1, 1127~1136 ,2012
  6. K.Hirata, Y.Kimura,T.Mizuguchi,M.Imamura,M.Meguro,Y.Nakamura,T.Ito,H.Yamaguchi, Surgical Management of Intraductal Papillary Mucinous Neoplasms, Rozhledy vchirurgii, 340-345
▲ページTOPへ
【邦文総説・著書】
  1. 平田公一, 木村康利、今村将史, 急性膵炎-新しい重症度判定と治療の実際-, Medical Practice, 29, 1, 73-78, 2012
  2. 平田公一, 及能大輔、久木田和晴、中村幸雄、太田盛道、巽博臣、今村将史、木村康利, 特集:外科救急ー実際の手順を追う Ⅱ.肝・胆・膵 3.急性膵炎, 外科, 74, 4, 395-401, 2012
  3. 平田公一, 門脇孝、小室一成、宮地良樹 監修, VIII-6 急性膵炎, 診療ガイドラインUP-TO-DATE2012-2013, 446-451, 2012
  4. 平田公一, 木村康利、今村将史、川本雅樹、中村幸雄、及能大輔、久木田和晴、太田盛道、水口徹, 膵癌, 消化器外科, 35, 6, 987-996, 2012
  5. 平田 公一, 木村康利、今村将史, 急性膵炎‐新しい重症度判定と治療の実際, Medical Practice, Vol29、No1, P73~78, 2012年
  6. 木村康利, 今村将史、目黒 誠、中村幸雄、川本雅樹、水口 徹、平田公一, Ⅱ、重症急性胆道炎の診療  重症急性胆嚢炎の診断基準と重症度判度, ICU、CCU, Vol.36 (1), P37~43, 2012
  7. 平田 公一, 及能大輔,久木田和晴,中村幸雄,太田盛道,巽 博臣,今村将史,木村康利, 特集:外科救急-実際の手順を追うⅡ.肝・胆・膵3.急性膵炎, 臨床雑誌「外  科」, 第74巻 第4号, 396-401, 2012年4月
  8. 平田公一, 木村康利、今村将史、川本雅樹、中村幸雄、及能大輔、久木田和晴、太田盛道、水口 徹, 膵癌, 消化器外科, 第35巻第6号 通巻第436号, 987~996, 2012年5月
  9. 古畑智久, 沖田憲司、今村将史、平田公一, 第112回日本外科学会定期学術集会記録 特別企画 診療ガイドラインの問題点と将来 欧米におけるがん診療ガイドライン, 日本外科学会雑誌, 第113巻 臨時増刊号(3), 29~31, 2012年
  10. 平田公一, 及能大輔、太田盛道、島 宏彰、九冨五郎、木村康利、水口 徹, 特集によせて epithelial-mesenchymal transition(ENT)とは, Surgery Frontier, Vol.19 No.3, 253~259, 2012
  11. 信岡隆幸, 前佛 均、中村幸雄、河野 剛、木村康利、水口 徹、古畑智久、巽 博臣、平田公一, 中心静脈路確保, 消化器外科, 第35巻第10号通巻第40号, 1523~1527, 2012年9月
  12. 水口 徹, 川本雅樹、目黒 誠、平田公一, 外科治療のトピックス 腹腔鏡下肝切除術の実際と現実, 北海道外科雑誌, 第57巻第1号, 2~7, 平成24年6月
  13. 水口 徹, 中村幸雄、平田公一、三高俊広, 第75回 最新の脂肪酸バイオロジー研究④脂肪組織炎症, Surgery Frontier, Vol.19 No.4, 64(440)~67(443), 2012
  14. 沖田 憲司, 古畑智久、西舘敏彦、平田公一, 抗がん薬治療と併用する制吐薬の進歩, 緩和ケア, vol.22.No.2, 129-133, 2012
  15. 沖田 憲司, 古畑智久、西舘敏彦、前佛 均、信岡隆幸、木村康利、水口 徹、平田公一, 開腹術後の腸管癒着障害, 消化器外科, 第35巻第11号通巻第441号, 1663-1673, 2012.10月
  16. 田村保明、奥谷浩一、斎藤慶太、九冨五郎、佐藤昇志、平田公一, Human Endoplasmic Reticulum Oxidoreductin 1-Like α(hERO1-Lα)のMHC class I 分子発現制御と癌免疫療法に対する効果予測因子としての可能性, Jpn J Cancer Chemother, 39(12), 1800-1802, 2012年11月
▲ページTOPへ
【邦文原著】
  1. 河野豊, 菊池尚平、宮西浩嗣、永島裕之、平川昌弘、田村文人、吉田真誠、高橋祥、高田弘一、林毅、佐藤勉、佐藤康史、滝本理修、小船雅義、川本雅樹、水口徹、平田公一、長谷川匡、加藤淳二, 非アルコール性脂肪性肝炎に細胆管細胞癌と肝細胞癌を合併した1例, 肝臓
  2. Mayumi T, Inui K, Maetani I, Yokoe M, Sakamoto T, Yoshida M, Ko S, Hirata K, Takada T, and the Urinary Trypsinogen-2 Dipstick for Acute Pancreatitis Study Group of the Japanese Xociety of Abdominal Emergency Medicine (UtraAP Study Group), Validity of the Urinary Trysinogen-2 Test in the Diagnosis of Acute Pancreatitis, Pancreas, 41, 3, 869-875, 2012
  3. 平田公一, 沖田憲司、今村将史、太田盛道、久木田和晴、及能大輔、水口徹、古畑智久, がん登録を指標とした「がん診療ガイドライン」の普及と評価をめざして, Surgery Frontier, 19, 4, 37-44, 2012
  4. 水口 徹, 中村幸雄、太田盛道、川本雅樹、目黒 誠、平田公一, 天蓋切除術を施行したCA19-9高値脾嚢胞(径12cm)の1例, 日本臨床外科学会雑誌, 第73巻4号, 982-987, 平成24年4月25日
  5. 孫 誠一, 木村康利、今村将史、今野 愛、鶴間哲弘、目黒 誠、水口 徹、平田公一, 胆道閉塞, 消化器外科, 第35巻第3号 通巻第433号, 301-309, 平成24年3月
  6. 及能大輔, 今村将史、木村康利、信岡隆幸、平田公一, 正常ヒト膵管上皮細胞および膵癌細胞株におけるPKCシグナルを介したtight junction 蛋白の発現調節機構の解明, 胆膵の病態生理機能, 第28巻第1号, 35~39
  7. Toshihiro Mayumi, Kazuo Inui,Iruru Maetani,Masamichi Yokoe,Teruo Sakamoto,Masahiro Yoshida,Shigeru Ko,Koichi Hirata,Tadahiro Takada,and The Urinary Trysinogen-2 Dipstick for Acute Pancreatitis Study Group of the Japanese Society df Abdominal Emergency Medicine(UtrAP Study Group), Validity of the Urinary Trypsinogen-2 Test in the Diagnosis of Acute Pancreatitis, Pancreas, vol.41 No.6, 870~875, 2012年8月
  8. 水口 徹, 川本雅樹、目黒 誠、中村幸雄、今村将史、木村康利、沖田憲司、信岡隆幸、古畑智久、平田公一, 再々肝切除術後の中結腸動脈瘤破裂をきたし、後腹膜膿瘍形成を認め胸膜内にも穿破した忘れることのできない1例, 日本外科感染症学会雑誌, 9巻4号, 379~384, 2012
  9. 平田 公一, 沖田憲司、今村将史、太田盛道、久木田和晴、及能大輔、水口 徹、古畑智久, がん関連データベース、その特徴と今後の展開 がん登録を指標とした「がん診療ガイドライン」の普及と評価を目指して, Surgery Frontier, Vol.19 No.4, 37(413)~44(420), 2012
  10. 河野 豊, 菊地尚平、宮西浩嗣、永島裕之、平川昌宏、田村文人、吉田真誠、高橋 祥、高田 弘一、林 毅、佐藤 勉、佐藤康史、滝本理修、小船雅義、川本雅樹、水口 徹、平田公一、長谷川 匡、加藤淳二, 非アルコール性脂肪肝炎に細胆管細胞癌と肝細胞癌を合併した1例, 肝臓, 第53巻第10号, 615-623, 2012
▲ページTOPへ
【邦文その他】
  1. 草野満夫, 平田公一、辻寧重、佐々木睦夫、中森正二、門田守人、浅原利正、堀見忠司, 大腸癌肝転移に対する肝切除後の動注化学療法と全身化学療法併用(WHF+UFT/oral LV療法)の有用性に関する研究(第Ⅲ相試験), JFMC32-0501報告書.(財)がん集中的治療研究財団(発行人;佐治重豊), 2012
  2. 平田公一, 肝硬変患者における集中治療, The Word on Digestive Surgery, 12, 2, 5, 2012
  3. 平田公一, 第7回NET Work Japan, 第7回NET Work Japan記録集.編集責任、ノバルティスファーマ, 2012
  4. 平田公一, 術前補助治療施行中の膵癌患者における胆道減圧に対する自己拡張型メタルステントの有効性と安全性(日本語訳)., Digestive Surgery, 13, 1, 5, 2012
  5. 平田公一, Ⅷ-6 急性膵炎, 診療ガイドライン UP-TO-DATE 2012-2013, 第1版第1刷, 446-451, 2012年5月1日
  6. 平田公一, 肝硬変患者における集中治療, The Word on Digestive Surgery, Vol.12 No.2, 5, 2012年4月
  7. 及能大輔, 平田公一, 腹部膨満, 日本医師会雑誌, 第141巻・特別号(2), 58~61, 平成24年10月15日
  8. 平田公一, 術前補助療法施行中の膵癌患者における胆道減圧に対する自己拡張型メタルステントの有効性と安全性:プロスペクティブ研究, The Word on Digestive Surgery, Vol.13 No.1, 5, 2012年8月
  9. 及能大輔, 及能達男、平田公一, 外痔核の治療, 成人病と生活習慣病, 42巻9号, 1081~1021, 2012年9月
▲ページTOPへ