TOP学生・研修医の皆さまへ>診療チーム(上部消化管チーム)
学生・研修医の皆さまへ
患者・ご家族の皆さまへ
医療従事者の皆さまへ
学生・研修医の皆さまへ

シンボルマーク

診療チーム

上部消化管チーム
【担当医】
信岡 伊東    
信岡 プロフィール 伊東 プロフィール    

■上部消化管
【対象疾患】

食道:食道癌、食道粘膜下腫瘍、食道裂孔ヘルニア、食道憩室
胃:胃癌、胃粘膜下腫瘍(GIST他)


【メッセージ】

 当チームでは主に上部消化管(食道および胃)に対する外科治療を担当しています。
食道癌に関しては癌の進行度や全身状態を評価し、各科と連携し手術、放射線照射、化学療法などの集学的治療を行っています。胃癌治療においてはスキルス胃癌などの難治性胃癌や切除不能胃癌・再発癌に対しても、内科と協力して多剤併用療法の後に、手術を施行するなど積極的に治療にあたっており、良好な成績を示しています。また根治的化学放射線療法後のがん遺残・再発症例に対する救済手術(サルベージ手術)にも対応しています。


 手術においては食道癌、胃癌に対しては鏡視下手術を積極的に導入し、低侵襲な手術を追及しております。安全性・根治性は保持しつつ、創痛の軽減により早期からの離床が可能となり、術後合併症の減少にも寄与しています。GISTなどの局所切除可能な腫瘍に対しては、内科と連携し胃切除範囲を最小限に留める腹腔鏡内視鏡合同手術(LECS)や、臍部にあけた1か所の傷から手術を行う単孔式手術などの新たな低侵襲手術手技やロボット支援下胃切除術も導入しています。経口摂取不良による栄養障害のある患者さまに対しての胃瘻造設術(PEG)や経皮経食道胃管挿入術(PTEG)なども行っております。