TOP学生・研修医の皆さまへ>診療チーム(下部消化管チーム)
学生・研修医の皆さまへ
患者・ご家族の皆さまへ
医療従事者の皆さまへ
学生・研修医の皆さまへ

シンボルマーク

診療チーム

下部消化管チーム
【担当医】
竹政 沖田 西舘 奥谷 秋月
竹政 プロフィール 沖田 プロフィール 西舘 プロフィール 奥谷 プロフィール 秋月 プロフィール
碓井 浜部 石井 里吉  
碓井 プロフィール 浜部 プロフィール 石井 プロフィール 里吉 プロフィール  

■下部消化管
【対象疾患】

下部消化管・肛門疾患:大腸癌、炎症性腸疾患、急性虫垂炎、腸閉塞、痔疾患など
腹壁疾患:鼡径ヘルニア、大腿ヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニアなど


【メッセージ】

 下部消化管チームでは大腸癌を中心に下部消化管に関わるすべての外科的疾患を扱っています。
 癌治療については、放射線・化学療法を含めた集学的治療を取り入れ、治療成績の向上に努めています。
 手術は安全性と根治性を担保した腹腔鏡手術(単孔式など)を主軸として低侵襲手術に積極的に取り組んでいます。一方で局所進行癌に対しては他臓器合併切除を要する骨盤内臓全摘術などの拡大手術も行っています。
婦人科や泌尿器科などの骨盤外科との合同手術もあります。これらに対して質の高い周術期管理行うことにより合併症の少ない早期の退院が実現しています。


 また、臨床研究も多数実施しており日本の医療の向上に貢献しています。大腸癌の先端外科治療として、TEM(Transanal endoscopic microsurgery)、TAMIS-TME(Transanal minimally invasive surgery – total mesorectal excision)、 ロボット支援下手術などをおこなっています。
 消化器外科学会、大腸肛門病学会などの専門医や内視鏡外科学会の技術認定医の取得を目標にした研修制度を作成しています。