札幌医科大学
消化器・総合、乳腺・内分泌外科学講座
Department of Surgery, Surgical Oncology and Science


上部消化管チーム


【主な疾患】


胃がん・食道がん

胃がん
胃がんはおよそ男性の9人に1人、女性の18人に1人が罹患する病気です。胃がんの主な原因はヘリコバクターピロリ菌の感染、塩分の摂り過ぎ、喫煙、野菜の摂取不足などです。
日本人のヘリコバクターピロリ菌の感染率は、中高年で高く、若年層では近年低下傾向にあります。
胃がんは、早い段階では症状が少ないですが、代表的な症状は、胃の痛み・不快感・違和感、胸やけ、吐き気、食欲不振などがあります。

出展:国立がん研究センターがん情報サービス
http://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html





食道がん
食道は、のどと胃をつなぐ長さ約25cmの管で、口から食べた食物を胃に送る働きをしています。食道がんは40歳代後半以降に増える傾向で、男性に多い病気です。発生には喫煙や飲酒が原因とされています。食事によりしみたり、つかえるような症状がみられ、徐々に食事が摂れなくなり体重が減ります。


【検査】


胃食道造影検査 胃食道造影検査
バリウムなどの造影剤を使用して胃の状態を確認する検査です。途中で発泡剤を飲んで胃をふくらませることで、胃の変形やふくらみの悪さを観察し、がんの有無を判定します。

内視鏡検査(胃カメラ) 内視鏡検査(胃カメラ)
細長いカメラを口や鼻から挿入し、胃の内部を直接見て、がんの広がりと深さを調べる検査です。組織を一部採取することで、病理診断もできます。
またカメラの先端に超音波装置の付いた超音波内視鏡検査をすることで通常のカメラでは見えない胃壁の内部や裏側も調べることができます。

CT検査 CT検査
胃や全身臓器の断面像を描出する検査で、胃がんの進行度や転移を調べるために行います。
またこの検査を基に胃周囲の立体画像を作り手術の詳細な準備を行うことで、より安全な手術に結び付けています。

PET-CT PET-CT
がん細胞がブドウ糖を多く取り込む性質を利用した検査です。食道がんは頸やお腹など広い範囲のリンパ節に転移することがあります。リンパ節や他の臓器への転移について、全身の検査が可能です。

【治療】



手術(胃がん) 手術(胃がん)
胃がんの標準的な治療です。手術では胃の切除と同時に、胃の周囲のリンパ節郭清(かくせい)と、食物の通り道をつくり直す再建手術(消化管再建)を行います。主な手術には胃全摘術と幽門側胃切除術があります。最近では腹腔鏡や胸腔鏡を用いることで、より負担が少ない手術が開発されています。

     画像クリックすると拡大表示



手術(食道がん) 手術(食道がん)
胸部から腹部の食道を切除し、頸部・胸部・腹部のリンパ節を周囲の脂肪組織とともに切除します。胃を使って再建する(胃管再建)という術式が基本です。

     画像クリックすると拡大表示



集学的治療 集学的治療
病気の進行に応じて抗がん剤治療や放射線治療と手術を組み合わせて行います。
胃がんの場合、抗がん剤のみで行われる場合と、手術とともに行われる場合とがあります。

放射線 食道がんの場合、抗がん剤と放射線をあてることにより、がんを小さくします。
がんを治すことを目的にした治療(根治治療)と、がんによる痛み、出血などの症状を抑えたり、食べ物の通り道を確保する治療(緩和治療)があります。

【当科の特色】


従来の開胸手術、胸腔鏡手術、腹腔鏡手術
キズの小さな手術
食道がんには従来、右胸を開いて食道を切除していましたが、胸腔鏡と腹腔鏡を併用することで創を小さくし、負担の少ない手術を行っています。
胃がんにも腹腔鏡手術を積極的に行っています。
早期がんに留まらず、進行がんにも導入しています。

術前抗がん剤治療の強化
術前抗がん剤治療の強化
進行したがんでは手術前の抗がん剤を標準的な2種類から3種類に増やし、さらに治療効果の上乗せを目指します。
他の臓器への転移により手術ができないと診断された胃がんでも、3種類の抗がん剤治療によって、腫瘍が縮小し約33%の方が手術が可能となり、長期生存も認められています。

多職種によるチーム医療
多職種によるチーム医療
食道がんの手術患者さんには、手術前から手術後まで、それぞれの専門家による治療やケアを提供します。

【担当医】


信岡 伊東    
信岡 プロフィール 伊東 プロフィール