第42回 日本大腸肛門病学会北海道支部例会

第42回 日本大腸肛門病学会北海道支部例会が開催されました。

竹政伊知朗教授による開会の挨拶で始まり、多くの演題が発表されました。

奥谷浩一助教がランチョンセミナーで座長を務め、内視鏡外科技術認定医を取得してからの
研鑽やロボット手術に関して、多くの議論が交わされました。

当科や関連病院の先生も数多く発表しました。

最近の記事

カテゴリー