北海道医療新聞でセンハンス・デジタルラパロスコピーシステムの導入について紹介されました

2022年1月14日の北海道医療新聞で、センハンス・デジタルラパロスコピーシステムの導入について紹介されました。

日本におけるセンハンスの導入は5台目で、北海道内では初です。
触覚機能があり臓器の硬さなどが術者の手元に伝わるため、臓器損傷のリスク軽減などより安全な手術を行うことができます。
2022年1月現在、98種類の術式で保険診療として行うことができます。

最近の記事

カテゴリー