札幌医科大学附属病院 北海道の医療を担う専門医への道

札幌医科大学附属病院 北海道の医療を担う専門医への道に当科の研修に関しての記事が掲載されています。

当科では外科専門医、サブスペシャリティー(消化器外科専門医、乳腺専門医、小児外科専門医)、高次専門医(内視鏡外科技術認定医、大腸肛門病専門医、肝胆膵高度技能専門医)の取得に向けてのプログラムを作成し、多くの先生が各専門医を取得しています。
近年では大きな注目を集めているロボット手術にもいち早く取り組んでいます。
特に竹政伊知朗教授の専門である大腸領域のロボット手術では様々な地域から見学者来られ、研鑽を積んでいます。

また道内に多くの関連施設を持ち、各地域の特性を生かしたトレーニングを受けることも可能です。

”北から世界への発信”にむけて、博士合取得のための大学院での基礎研究の他に国内・国外留学も可能で多くの留学実績があります。

当科ではいつでも見学可能です。
是非一緒に、より良い医療を目指しましょう。

最近の記事

カテゴリー